BRIDGE Institute メンバー紹介(50音順)

BRIDGE Instituteは、17名の国際教育に熱い想いを持った有志のメンバーで企画・実施・運営を行っております。

一橋大学経営管理研究科 講師
秋庭 裕子(あきば ひろこ)
専門:異文化間コミュニケーション
   国際教育 大学の国際化政策

広島大学大学院在籍中、休学をして1年間マラヤ大学に留学。広島大学大学院国際協力研究科にて修士号を取得後、信州大学に勤務。その後、フルブライト奨学生としてミネソタ大学大学院教育政策行政専攻(国際教育)に留学し、博士号を取得。現在、一橋大学にて国際教育交流業務に従事。

大野 さゆり(おおの さゆり)
(株)ミミクリデザイン (株)日能研
専門:企業内人材育成
   プレーワーク

通信制高校を経て名古屋大学経済学部卒業。「モザイクアートのようにそれぞれのいのちが輝く世界」を志向する。大手メーカーにおける機械系コンサル営業、企業内人材育成を経て、教育へと軸足を移す。プレーパーク、国際的な子どもキャンプ、子連れイベントの運営など、多様な立場の人が一緒に過ごし体験的に学び合えるモデルを作ることが好き。

岡田 二朗(おかだ じろう)
専門:異文化間コミュニケーション
   対話型教育
   コミュニティビルディング 等

立命館大学在学中に1年間アイルランド国立ダブリンシティ大学に交換留学。アメリカン大学大学院にて修士号(平和・紛争解決学)取得。その後は欧州に本部を置く組織の現場職員として、南スーダンにて人道支援・平和構築の現場に従事。異なる背景をもつ人々が対話を重ねて互いに学び合い、ともに生きる世界をつくっていくプロセスとその可能性に魅力を感じ、現在は西アフリカに活動の場を移し、自身にできる貢献を日々模索中。

小野 詩紀子(おの しきこ)
英国マンチェスター大学MA
TESOL (Intercultural Education)在籍
専門:TESOL
   異文化コミュニケーション

名古屋大学在学中に経験した1年間の交換留学が今の自分を形作るきっかけになったと実感し、国際教育と自己成長のつながりに興味を持つ。卒業後は製造業で4年間海外向けの商品企画に従事し、その後IT企業にてマーケティングに従事。2017年より英国マンチェスター大学にて英語教育と異文化コミュニケーションを専門とする修士課程に在籍。

川平 英里(かびら えり)
立教大学グローバル教育センター
教育研究コーディネーター
専門:臨床教育学

名古屋大学在学中の交流体験と交換留学をきっかけに、国際教育の世界に魅せられる。日系航空会社に就職した後、横浜国立大学大学院にて教育学修士号を取得。教育系企業での英語講師、名古屋大学国際教育交流センター(特任助教・学術専門職)での教育交流、キャリア支援担当を経て、現職。

国府田 真(こうだ ちか)
学校法人立命館

「なぜ北欧の幸福度指数は高いのか」に興味を持ち、立命館アジア太平洋大学(APU)在学中にフィンランドへ留学。ヘルシンキ大学とAPUの両大学で学んだ経験から、人が育つ教育の場所に関わりたいという思いを持ち、APU卒業後、学校法人立命館に職員として勤務。現在、国際協力員として、日本学術振興会(JSPS)に出向中。

古賀 恵美(こが えみ)
名古屋外国語大学
国際日本語教育インスティテュート
非常勤講師
日本国際協力センター(JICE)
日本語講師
専門:日本語教育

民間企業での勤務を経て、1990年より大学、国際協力関係機関、地域日本語教室、ウズベキスタン、バングラデシュにおいて日本語教育に携わる。名古屋大学大学院国際言語文化研究科にて修士号を取得。留学生、定住外国人、技術研修員、日本企業で働くビジネスマン等、多様な背景を持つ人々に日本語の指導を行う。異文化理解、多文化共生の視点を持った日本語教育の実践を模索中。

小島 直子(こじま なおこ)
立命館大学 政策科学部 准教授
専門:外国語教育学

米国Gonzaga Universityにて修士号(Teaching English for Speakers of Other Languages, TESOL)、関西大学大学院で博士号(外国語教育学)を取得。立命館アジア太平洋大学、同志社大学、関西大学にて英語教育に携わり、2019年4月より現職。

佐間野 有希子(さまの ゆきこ)
立命館アジア太平洋大学
専門:異文化トレーニング
   高等教育の国際化

民間企業で留学センターの運営を行ったあと、立命館アジア太平洋大学へ入職。2012年に米国ミネソタ大学大学院教育政策行政専攻(国際教育)にて修士号を取得。現在もAPUで、大学の国際化業務に関わる。

平井 達也(ひらい たつや)
立命館アジア太平洋大学
教育開発・学修支援センター教授
専門:キャリアカウンセリング
   異文化間カウンセリング
   グループアプローチ 等

一橋大学社会学部卒業、九州大学大学院教育学研究科にて修士号を取得(臨床心理学)。その後、フルブライト奨学生としてミネソタ大学大学院にて博士号(Ph.D. カウンセリング心理学)を取得。ミネソタ大学留学生センターカウンセラー、カリフォルニア大学サンディエゴ校カウンセリングセンターカウンセラー、西南学院大学・九州大学非常勤カウンセラー、九州産業大学国際文化学部臨床心理学科常勤講師などを経て、現在、立命館大学アジア太平洋大学教授。

高木 ひとみ(たかぎ ひとみ)
名古屋大学国際教育交流センター
特任准教授
専門:留学生アドバイジング
   国際教育交流
   多文化間グループアプローチ 等

上智大学大学院にて修士号(教育学)、ミネソタ大学大学院にて修士号(カウンセリング心理学)を取得。2005年から、名古屋大学国際教育交流センターにて留学生相談、国際教育交流プログラムの企画・運営、多文化共修に関する授業等を担当。

藤井 基貴(ふじい もとき)
静岡大学教育学部 准教授
静岡大学学長補佐(国際交流)
国際連携推進機構・副機構長
専門:教育学、哲学

名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程修了。名古屋大学高等教育研究センターにて特任講師として勤務の後、2008年4月より現職。教員養成を主たるフィールドとして、大学の国際化に関する教育・研究プロジェクトにも従事。2016年、内閣府青年国際交流事業「地域コアリーダープログラム」への参加をきっかけに、非営利セクターにおける教育プログラムの開発・評価に関する研究にも取り組んでいる。

筆内 美砂(ふでうち みさ)
立命館大学国際教育推進機構 
国際教育担当嘱託講師
専門:国際教育 異文化間教育
  (異文化環境適応
   異文化間コミュニケーション等)

大学時代に英国ダラム大学での交換留学を経験し、国際教育交流のキャリアを志す。PIEE国際教育交流協会にて高校交換留学生の指導とプログラム運営に従事。その後、東京大学理学部・理学系研究科国際交流室にて非常勤外国人留学生アドバイザー、名古屋大学留学生センター助手(交換留学受入れ担当、学外にてJAFSA企画委員会委員長兼務)を経て渡米。ミネソタ大学大学院で修士号(国際教育)を取得後、ヨーロッパ、アフリカで3年過ごす。帰国後、立命館アジア太平洋大学教育開発学修支援センター助教を経て現職。英国ダラム大学大学院にて博士号(教育学)取得。

星野 晶成(ほしの あきなり)
名古屋大学国際教育交流センター
専門:大学の国際化
   日本人の海外留学 等

ミネソタ大学にて修士号(教育学)取得後、2006年から、関西外国語大学国際交流部職員として、6年間奉職。2012年より、名古屋大学国際教育交流センターにて大学生の派遣留学業務を担当している。

堀江 未来(ほりえ みき)
立命館大学国際教育推進機構教授
立命館小学校・中学校・高等学校代表校長BRIDGE Institute代表
専門:国際教育 留学生政策等
   異文化間コミュニケーション

名古屋大学教育学部在学中、交換留学制度により1年間中国南京大学に留学。1995年名古屋大学教育学研究科にて修士号(比較教育学)取得後、2003年米国ミネソタ大学大学院教育政策行政専攻(国際教育)にてPh.D.取得。名古屋大学留学生センター助手(留学生相談室担当)、南山大学国際教育センター及び瀬戸キャンパス勤務、名古屋大学留学生センター准教授(海外留学室担当)を経て、2009年立命館大学着任、2017年より現職。元JAFSA企画委員会委員長及び個人理事。2009年ミネソタ大学よりDistinguished Leadership Award for Internationals受賞。

松本 哲彦(まつもと よしひこ)
立命館大学大学院
言語教育情報研究科(修士課程)在籍
専門:TESOL 外国語教育
   中等教育における国際教育

立命館アジア太平洋大学在学時は高大連携教育を専門とし、Teaching Assistantとして高等学校に勤務(探求学習 / 多言語学習クラス)。インドネシアへ留学経験有。卒業後は、九州の公立中学校にて英語科教員(国際理解教育担当)として勤務。

2018年より立命館大学大学院に進学。英語教育学を専門とする言語教育情報研究科修士課程に在籍中。The University of Southern Queensland (オーストラリア) に留学し、TESOL Ceritificate を取得。国際教育と英語教育の接点を考えながら勉励中。

力丸 晃也(りきまる こうや)
立命館アジア太平洋大学
​キャリアオフィス
専門:大学の国際化 寮教育
   国際交流、ピアエデュケーション

立命館アジア太平洋大学(APU)卒業後、学校法人立命館に職員として入職。立命館大学文学部事務室に配属され、教務事務を行いながら、マレーシア・シンガポール実習やペナンインターンシップ、キャンパスアジアプログラムの一部を担当し、職員の立場から国際教育に携わり、学生支援を行った。その後、立命館アジア太平洋大学キャリアオフィスへ異動し、世界中から集まるAPUの学生に、世界中で各自が望むキャリアを歩めるように、多様なキャリア支援を行っている。

© 2014 by BRIDGE Institute